FC2ブログ
2019.07.13 |アカショウビン
雨が降るまでの3時間ほどの予定が、6時間半もいてしまったお山。
おにぎり作って家に忘れてて、お仲間さんからもらった飴玉、助かりました。

撮影練習の被写体がアカショウビンってのも贅沢なお話。
シャッタースピード1/1000、F5.6、ISO3200
020a_20190713200218313.jpg

014a_20190713200219cf5.jpg

今日もカエル
053a_2019071320022114e.jpg





スポンサーサイト
2019.07.12 |アカショウビン
有給とって山に行きました。
前回までは絞り優先、今日はシャッタースピード優先で撮ってみました。
シャッタースピード1/1000、F5.6、ISO6400

023a_201907121911211ed.jpg


054a_20190712190854cf0.jpg

飛んでいるときは連写も使ってみました。
留まっている時は連写するとゴミ写真が果てしなく増える気が・・・







2019.07.10 |アカショウビン
新しいレンズはAF-P NIKKOR 70-300mm f/4.5-5.6E ED VR
です

015a_20190710180822821.jpg
ごはんはカジカガエル(娘見立て)

今までのレンズはほんとうにおもちゃだったとしか思えない。
猛禽撮りたい~~


オオルリ♀
005a_20190710180822692.jpg

キビタキ幼鳥?
010a_20190710180823cf6.jpg


2019.07.06 |ブッポウソウ
現地の天気予報は午後から雨となっていましたが、決行しました。
自宅から3時間半。実際は午後晴れてきて暑かったです。

天龍村では、小さな橋にまで巣箱がかかっています。
そしてかなりの確率でブッポウソウが営巣しています。
今日も同時に3羽出現した橋がありました。
大きな橋には2つ巣箱がかけられているので。

今日の目標は、飛び物を綺麗に撮る。
飛び物は一眼でないと難しいです。
ところがその一眼が、先日の北海道ツアーの最終日に300mmのズームレンズのリングが回らなくなってしまったのです。
300mmで固定なら使えたけれど55mmで固定されては全く使い物にならない。
もともと本体に付いていたおもちゃ(主人談)なので、修理は高くついてもったいない。
ってことで新しいズームレンズを注文しましたが、まだ届いていませんでした。

しかたなくコンデジで撮影することにしました。
144a_201907062117251a8.jpg

011a_20190706211725104.jpg

053a_20190706211727937.jpg

116a_201907062117299c6.jpg

118a_20190706211730671.jpg

136a_20190706211733582.jpg

190a_20190706211734233.jpg

留まりものも
私の中での3大おしゃれ鳥 カササギ、サンコウチョウ、ブッポウソウ
181a_20190706212005c3d.jpg

023a_2019070621200640f.jpg

096a_20190706212008de8.jpg

099a_20190706212009662.jpg

112a_20190706212010b63.jpg

126a_20190706212012ebf.jpg


ヤマセミ(白飛び~~)
152a_20190706212013e4f.jpg

新しいレンズで、またいつかチャレンジの予定です。





2019.07.03 |アカショウビン
雨が降っていなかったので久しぶりにお山へ行きました。
鳴きもせず現れて、飛び去りました。
001a_20190704060447fef.jpg

006a_20190704060448368.jpg


2019.07.02 |番外編
2019年6月26日~29日に参加した北海道探鳥ツアー雑記(まとめ)です
「ベストシーズンに巡る夏の北海道 4日間」(アルパインツアー)

往きも帰りも飛行機のトラブルがあったことは既に書いたので省略します。

6月26日(水)
北海道は晴れ。歩くと暑いのでみんな自然と日陰を選んで歩いていました。
最初に訪れた美瑛町はアオバトが沢山いるところ。
でもクマゲラ、ヤマゲラもいるので時間があればゆっくりしたいところです。

この日の初撮り鳥はチゴハヤブサ。途中、ハイタカとの絡みもあって、とても楽しめました。

宿泊は白金四季の森ホテルパークヒルズ
ユニットバス、洋式トイレ付き。ごく一般的なホテルです。ドライヤーはお部屋にあります。
テレビ、冷蔵庫、湯沸しポット、お茶、タオル、バスタオル、歯ブラシ、寝巻き 部屋に有ります。
宿のwifi使えます
127.jpg
夕食はバイキングで、食べ過ぎないように注意しました。
ジンギスカン鍋も、勝手丼なんかも好きに作れます。デザートもいろいろ。
IMG_20190626_180351.jpg

IMG_20190626_180359.jpg

IMG_20190626_180403.jpg

IMG_20190626_180409.jpg


美瑛にいた野鳥
アオバト、ツツドリ、アマツバメ、ハシブトガラ、ヒガラ、エゾムシクイ、アカハラ、コルリ(声のみ)ノビタキ、キビタキ、オオルリ、ニュウナイスズメ、ビンズイ、ホオアカ、アオジ、チゴハヤブサ(初)、ハイタカ、コサメビタキ、トラツグミ他

6月27日(木)
バーダーの宿命、朝食より探鳥。
5時からホテル周辺を探鳥してからバスで大雪山へ。
ということで朝食バイキングは無しで、移動中にコンビニ弁当でした。
ロープウエイで登る途中、ホシガラスがいました。
旭岳は雨こそ降っていなかったものの、濃霧。
だからなのか、ギンザンマシコはハイマツの上に頻繁に現れたし、雪渓の上にはギンザンマシコの他にノゴマ、ルリビも出ました。
ナキウサギの声もしました。

雪渓の上を歩きます。
これでも今年は雪が少ないのだそうです。
手袋、襟巻き、あったかジャケットは必要です。
(余裕があれば水筒に暖かい飲み物も)
282.jpg


昼食はバスの移動中お弁当。
IMG_20190627_115634.jpg


午後はまた移動で幌延原生花園へ。
ノビタキのヒナが可愛かったです。カッコウが電線で鳴いていました。
例年営巣するというアカエリカイツブリは見えませんでした。

この日の宿泊は豊富温泉ニュー温泉閣ホテル
お部屋。今回も全て個室がとれました。
(2人部屋はベッドではなかったようです)
テレビ(コイン式)、冷蔵庫、保温ポット、お茶、タオル、バスタオル、歯ブラシ、寝巻き 部屋に有ります。
洗面、バス、トイレは部屋にありません。
宿のwifi使えます

271.jpg

夕食。
鍋はタコしゃぶです。
IMG_20190627_185755_BURST001_COVER.jpg
温泉は重油のような匂いがするので多分長時間入るのは無理。
油田を採掘している時に出た温泉で、油が混じっているそうですが、肌にとてもいいとのこと。
翌朝また5時から探鳥なのでさっさとお風呂に入って寝ました。
ドライヤーは脱衣所の洗面台に設置されています。洋式トイレ有り(共同)

大雪山 旭岳にいた野鳥
カッコウ、ノゴマ、ルリビタキ、ギンザンマシコ(初)、ホシガラス

6月28日(金)
早朝サロベツ原野へ。
シマアオジには逢えなかった。でもコヨシキリ(初)と、オオジシギが撮れたので満足です。
ここでは朝の探鳥後、朝食をいただきました、やっと北海道の牛乳が飲めました。
IMG_20190628_080300.jpg
朝食後、またサロベツ原野で粘りました。

サロベツで見られた野鳥
アオバト、ツツドリ、カッコウ、オオジシギ、チュウヒ、シジュウカラ、シマセンニュウ、エゾセンニュウ、コヨシキリ(初)、ムクドリ、ノゴマ、ノビタキ、ツメナガセキレイ、ホオアカ、オオジュリン、コサメビタキ、ハリオアマツバメ他

お昼前から移動。羽幌港へ。
昼食はエビがいっぱい。
IMG_20190628_123254.jpg

午後フェリーで天売島へ
航路で見たかったヒレアシシギ、アビ類は見えず。ウトウと、わずかのケイマフリ、ヒメウ、ウミウ、

宿泊は島の宿大一
テレビ、保温ポット、お茶、タオル、バスタオル、歯ブラシ、寝巻き 部屋に有ります。
冷蔵庫は共同。
宿のwifiは確認していません。
ネットは繋がるのでPCは持参のwifiを使用しました。
お風呂が小さく、(脱衣室は1人しか入れない、洗い場は3人)今回女性が多かったので大変でした。
私は翌朝のことを考えて、ウトウ観察のナイトツアーから帰ると速攻入浴したので早く終わりました。
ドライヤーは洗面所にあります。洋式トイレはありますが水洗ではありません。

187.jpg
宿のご主人がとてもよく喋る、楽しい方です。

ウニ漁が盛んな所です。夕食は採れたての甘いウニ、アワビの蒸し焼き(とても柔らかい)、写真に写ってないけどホタテ、タコ刺しもあります。他の民宿のお料理も気になります。
IMG_20190628_181010.jpg

天売島にいた野鳥

ヒメウ、ウミウ(初撮影)、ツツドリ、カッコウ、オオセグロカモメ、ウミガラス、ケイマフリ、ウトウ、エゾセンニュウ(声)、コムクドリ、ノゴマ、アリスイ他

天売島は5月中旬から後半の渡りの時期に、他の離島では見られないような珍鳥が出て面白いようです。

6月29日(土)
漁船探鳥の後朝食
IMG_20190629_065745.jpg

朝食後フェリーの出航まで探鳥。エゾセンニュウ粘りましたが声だけでした。

午後羽幌から千歳に移動して解散

千歳空港3階飲食店街探索。ロイズワールドのパン屋さんで買ったパンがとても美味しかったです。


次来たらここで食べたいなあ お手ごろ価格で美味しそう、
IMG_20190629_181953.jpg

昔、わざわざ小樽まで食べに行った、きくよ食堂も今は空港にあって、食べることができます。
IMG_20190629_181742.jpg


そして飛行機遅延がわかって予約したカプセルホテル
幅広の押入れのようですね。明るさの調節もできます。
足を延ばして座って頭上15cmくらい余裕があります。
IMG_20190629_235423.jpg
シャワールームが5つしかなくて込み合いました。

同じ飛行機に乗ってきた人がけっこう利用したようで、満室になっていました。
レディースのフロアがあって、カプセルの仕切りはカーテンだけで、話し声やいびきは聞こえます。
空港ロビーで寝ていた人もいるので、それを思えば安全だと思います。
実際は6時間30分しか使わなかったのですが3時間単位で料金が決まるので9時間使用ということで、料金は税込み4800円。(今回はANA負担)

例えば朝7時台に発つ格安LCC(エアアジアなど)と、8時台に発つANA、JALを比べると料金が1万円以上変わってきます。
早朝便使用のためセントレアに前泊しても、カプセルホテルならおつりが来ます。
とても快適とはいえませんが、今後の検討材料にしようと思います

ざっとこんな感じでした。

野鳥観察のツアーは男性目線が多く、女性としては、お風呂の情報・・・ドライヤーのこととか、洗面所、トイレ情報は重要です。
また、どこも自販機はありますが美味しいコーヒーが飲めないので、朝コーヒーが無いと困る私は、宿でお湯をもらって、持参したレギュラーコーヒーを淹れました。
そういった情報はツアー会社からは得られないので、参考のためできるだけ提供したいと思っています。


2019.06.29 |未分類
探鳥ツアー4日目、最終日です。
海が荒れていなければ、漁船を貸切で岩礁地帯を回り、ウミガラスやケイマフリを観察します。

朝のうちに島を離れ、午後はひたすら千歳空港に移動。
走行距離が長い分、探鳥時間も短くなりますが、主人が退職後、時間をかけて回るための下準備なのでしっかり下見をしたいと思います。

===========================
今日のご報告

朝5時からチャーター漁船で探鳥です。
雨が上がってよかったです。目的はウミガラス

激減したウミガラスを増やすために、岩場にウミガラス人形を置き、時折声を鳴らしています
曇天で暗く、遠い上に波があり漁船も動くので撮影は至難の業です。
座った場所も悪く、人の頭が邪魔になってなかなか撮影できない。
上の画像と下の画像を見比べると、動いている子がいるのがわかります。
動いているのが本物ってことです。
撮影時刻 5:34
026a_2019063019490644e.jpg

撮影時刻 5:37 下の方の2羽
034a_2019063019490824a.jpg

上の画像元画像
かなり遠いです
026b.jpg


岩礁にケイマフリが上がっていました
062a_2019063019491059c.jpg

アマツバメの群れ
069a_20190630194911b0f.jpg

漁船での成果はほぼ無し。
朝食後の自由探索。
民宿の庭の横の木でコムクドリが営巣中
おかあさんは足のあるものを持って来ました。
091a_20190630194912a16.jpg

おとうさんは桑の実を持って来ました。
ビタミンとたんぱく質。考えてますね。
101a_20190630194914fcd.jpg

またノゴマかぁ・・・ってなってきた
113a_20190630194916174.jpg


115a_20190630194917e64.jpg


123a_20190630194919ec9.jpg

10時半のフェリーで天売島を離れました。
私が見たいもののシーズンは終わっているのか、今年がたまたま悪かったのか不明ですが、珍鳥も狙うなら5月中旬がよいかも。

これでツアーのメニューは終了。

5時間かけて千歳空港へ。その間にバスの中で画像処理をしようと持参のPCにカードを読み込みましたが、10枚見てはうつらうつら・・・。
作業はできませんでした。
17時前に空港に着いて解散。他の皆さんはツアーに組み込まれているので即、帰る飛行機に搭乗。

私は現地集合組だったので帰る時刻は自由でした。
もう一泊して苫小牧を探鳥、も考えましたが画像が溜まるのがわかりきっていたのでその日に帰ることにしました。でも千歳空港内をゆっくり見たかったので千歳を19時30分発、セントレアから最終の船に乗って帰るのがいいと計画。

解散して真っ先に探したのが、前回買えなかった赤いサイロ(チーズケーキ)。
ぐるっと見てまわってもどこにも見当たらない。
取り扱い店舗をスマホで検索して探して行ってみてもない。
お店の人に聞くと、「こんな時間に来てもないよ~~」と鼻で笑われました。
そうだったのか。初日なら午前着だったし少々時間があったから買えたかも。
どうせ自分用だからバラ売り1個だけ買って味見できたかもしれない。
あ~~また逃してしまった。

そのあとは3階の飲食店街をぶらぶらする。何か連絡が入ってないか携帯を見るとガーン、飛行機60分の遅延。
最終の船乗れんやん。
焦る。落ち着け、落ち着け。
とりあえず船は乗れん。キャンセルしよう。
スマホで路線情報を見て陸上で今日中に帰れるか検索。
無理と出た。
セントレアで泊まりだね。
そうだ、一度カプセルホテルを体験しよう。
この日に帰る予定だったのでスマホを充電してなかった。電池残量が少ない。
スマホが切れたら飛行機に乗れない。
(荷物を預ける時スマホのコードを使ったから)
充電できるコーナーはどこも人でいっぱい。
ようやく一箇所見つけて滑り込む。
スマホを充電しつつ、PCを出してカプセルホテルをネット予約。
PCを機内持ち込みの手荷物に入れておいてよかった。

ホテルを予約しているとアナウンスがあった。60分遅延から80分遅延へ。
さらに95分遅延へ。
お客さんは皆困ってる。でも食って掛かるような人はいない。ぶつぶつ言ってはいるけれど。(私も)
明日一日余裕があってよかった。
さらにアナウンス。
「到着時刻が23時頃になるので移動の手段が無い方は宿泊費用を15000円まで負担します」
なんだって??
早々とカプセルホテルにするんじゃなかった。

なんだかんだとハプニングあり、初体験カプセルホテルあり、はらはらドキドキのツアーでございました。

おまけ。カプセルホテルは外国人や若い子が多く、あまりいいイメージではないけれど、ベッドの寝心地はすごく良かったです。
緊急の時のみ使うにはいいかも。


帰宅は6月30日午前8時45分でした。





2019.06.28 |コヨシキリ
探鳥ツアー3泊4日の3日目
サロベツ原生花園で絶滅危惧1A類のシマアオジを探します。

午後羽幌に向かい、フェリーで天売島へ
ここの目的はウトウですが、私の目的はヒメウとアビ類の夏羽です。
雑誌 BIRDER5月号天売島特集にあったど派手なヒメウ。実際は見られないでしょうけれど少しでも近いものを見たい。
天売では何が出るかわかんないし。
ツノメドリや、もしかしたら今シーズン根室で不調のエトピリカなんかも・・・などなど期待は尽きません。

天売島宿泊ですが、夕食が豪華らしいのでそれも期待♪

===========================
今日のご報告
今日も初見、初撮りの野鳥があります。
ツメナガセキレイとコヨシキリ
でも画像をアップする時間がありません。
明日5時から海上探鳥に出かけるのでもう帰る準備をして寝なくては。

サロベツ原生花園ではシマアオジ、見られませんでした。
でもまた、主人が定年後に一緒に来たいと思います。


午後の天売航路ではウトウとケイマフリ、
夕方の島内探索でおもしろいヒメウを撮りました。
明日帰って、明後日日曜なのでがんばって日曜にはアップできるようにします。

追記
この日の初見初撮りコヨシキリから(ツメナガセキレイは3年前石垣島で撮影済みでした)
001a_20190630181205d2d.jpg


005a_20190630181206354.jpg

ツツドリが鳴いていました。
正面は利尻富士
足元はエゾカンゾウが咲き乱れています。シマアオジを求めて歩く歩く。
毎日1万歩以上歩きました。
010a_20190630181208047.jpg

ノビタキ
017a_20190630181209488.jpg

オオジュリン
030a_20190630181210249.jpg


072a_20190630181212668.jpg

ホオアカ
058a_20190630181213164.jpg

ツメナガセキレイ
063a_2019063018121570c.jpg

コサメビタキ
084a_201906301812164f5.jpg
オオジシギ
274a_2019063018595042b.jpg

277a_201906301859510de.jpg

280a_2019063018595253a.jpg


結局シマアオジは出てくれませんでしたが、前日早朝でたそうなので、個人で行ってもっと早朝から粘ることができたら会えるのかもわかりません。
ここからまた移動。
利尻富士を見ながら日本海沿いを南下。

羽幌港から天売島へ
利尻島が見えているし、夏羽のアカエリヒレアシシギやアビ類がいっぱいいると思ったら全く見えず・・・・・・・。
ウトウ
119a_201906301859345e2.jpg

138a_2019063018593459d.jpg

ケイマフリ
157a_20190630185936f6b.jpg

明るいうちに展望台を下見
ウミウ
194a_20190630185938712.jpg

オオセグロカモメ
196a_20190630185939309.jpg

これが頭が派手なヒメウ
チシマウガラスかと思てってしまいました
208a.jpg

ウトウの巣穴
夕方戻ってくる80万羽のウトウを見ます。
212.jpg

夕方の探鳥
カワラヒワひな
237a_20190630185944939.jpg


241a.jpg

アリスイ
243a_20190630185948c78.jpg

ウトウ
すごい勢いで次から次へと戻ってきますが暗くてぶれてどうしようもありません。
草すれすれに飛んでくるので、見学の人にぶつかることも多々あるそうで、私たちがいたときも駐車場に停めてある見学者用バスにぶつかってバン!と音を立てました。バスもウトウも無事だったようです。
337a_20190630191444994.jpg

道路脇の巣穴を30分ほどライトアップします。
餌を持ってくるウトウ、横取りしようとするウトウがぞろぞろ。
369a_20190630185947630.jpg

上を向いてクチバシをパクパクするのは人には聞こえない超音波を出して、コミュニケーションをとっているのだそうです
348a_20190630191445ef5.jpg

368a_201907031746479b6.jpg


ウトウ観察は20時で終了。宿に帰って、速攻お風呂に入って翌朝に備えて寝ました。
今回のツアーは女性が多く、最後の民宿はお風呂も小さいのでそれだけが不便でした。







2019.06.27 |ギンザンマシコ
探鳥ツアー2日目は大雪山。
ロープウエイで上がり、トレッキング。ギンザンマシコを探す予定です。

その後幌延原生花園に行きます。

豊富温泉宿泊

===========================
今日のご報告
今朝は希望者のみ早朝探鳥5時からです。
当然私も参加。っていうか全員参加でした。
夏至を過ぎたばかりの北海道は朝3時半にはもう明るいです。
3時に起きて探鳥した方はヤマゲラを見ることができたそうです。
我々一行はチェックアウトまでの1時間クマゲラを求めて歩き回りましたが声すら聞こえませんでした。無念。
でも元気なアカハラ、キビタキ、トラツグミに会えました。

そしてこのツアーの本命、大雪山でのギンザンマシコです
ロープウエイで山頂に上がるとガスがかかっていました。
しかしギンザンマシコは何度も姿を見せてくれて、とても楽しむことができました。
IMG_0659a.jpg


ガスは時折うすくなるものの、晴れる気配がなかったので予定より早く下山。
と同時に土砂降りになりました。
そのままバスで、休憩を取りながら幌延原生花園まで移動。
ハリオアマツバメ、ノビタキ、ホオアカ、原生花園ではツメナガセキレイ、コヨシキリ(声)、チュウヒ、カッコウ、ノゴマ、ノビタキ幼鳥などを撮影。

明日はまた5時から20時まで探鳥スケジュールのため写真整理する時間がありません。
詳しいことは帰ってから追記します。

やっと画像整理がつきました。追記です。
大雪山
ギンザンマシコ
雪渓の上にはよく出ました。
073a_20190630173218fd7.jpg

ギンザンマシコ ♀
111a_20190630173220f58.jpg

ギンザンマシコ ♂
115a_201906301732221bf.jpg

ギンザンマシコ ペア(?)
125a_20190630173223feb.jpg


139a_201906301732246ad.jpg

♂同士のバトル
148a_20190630173225952.jpg

ノゴマ さえずっています
080a_2019063017322771f.jpg

帰り際ロープウエイ姿見駅横雪渓の上でノゴマ
姿見駅周辺ではナキウサギの声も聞こえましたが笹藪の中で全く見えません。
160a_20190630173229ce7.jpg

同じ場所でルリビタキ
153a_201906301732317f2.jpg


幌延原生花園への移動中道の駅で見たハリオアマツバメ
182a_20190630173231a60.jpg

どこもかしこもノビタキだらけでした

178a_2019063017323379c.jpg

幌延原生花園 チュウヒ
197a_20190630173234aea.jpg

ノビタキひな 餌を待っています
212a.jpg

218a_20190630173238de7.jpg

カッコウ
247a_20190630173239eda.jpg

ノゴマにも連日会えました
270a_20190630173241168.jpg

夜は豊富温泉に宿泊
夕食はまたそのうち画像をアップします。
良い温泉のようで、お肌がすべすべになりました。
(においは重油のようなので長時間入るのは無理でした)



2019.06.26 |オオミズナギドリ
6月26日(水)
北海道探鳥ツアーに出発の日、津エアポートラインの航路上で見えたオオミズナギドリ。
始発の6時の船でしたが夏至直後のため日は高く、光量は十分です。
デッキには出られないので窓越しの撮影。
荒れた後だったのでもっといるかと思いましたが、数は少なかったです。
009a_2019070708442450a.jpg








2019.06.26 |チゴハヤブサ
北海道、道央から道北のツアーに参加。(一人で参加です)
(予定は今日から4日間、毎朝5時前に予約投稿する設定です)
本日の予定
朝セントレア発、新千歳空港へ
11集合、探鳥しながら白金温泉へ(泊)

===========================
今日のご報告
出だしからこけそうでした。
セントレアから千歳空港に向かう飛行機がなかなか離陸しない。
しばらくしてアナウンスがありました。
「バードストライクした機体があるため、安全確認のため滑走路を封鎖しています。安全が確認されましたら当飛行機は3番目に離陸します。」
え~~~!!!
間に合うんかな。
不安な気持ちで待つ。結局30分ほど遅れて離陸、到着もそれくらい遅れました。
もともと余裕があったのでなんとか集合時刻までには到着できました。
おまけに機内はシステムエラーとかでwifiが使えないし、通路側の席しか空いてなくて退屈。寝るしかない。
でもまあ、晴天の北海道が出迎えてくれたので帳消しです。

一気にバスでホテルまで来ました。青い池が近くにある美瑛のホテルです。
早速探鳥。
特に目玉はないけれど運が良ければクマゲラに会えるかも・・・ってところなんですが、先週は声が聞こえたとのことでしたが今日は声もせず。

でも初撮りの鳥があります。多分伊良湖で渡りの時撮ったのだけど特徴が写ってなかったので今回が初撮りってことで。
チゴハヤブサ
DSC_0031a.jpg

IMG_0516a.jpg

虫をキャッチしようとしています
DSC_0066a.jpg

とったどー
DSC_0067a.jpg

そこに絡むように現れたハイタカ

IMG_0525a.jpg


IMG_0528a.jpg

DSC_0120a.jpg

ハイタカとチゴハヤブサ
DSC_0130a.jpg
上の画像右下のチゴハヤブサを拡大すると
何か大きめの獲物を持っているようです
DSC_0130ab.jpg

バトル!
チゴハヤブサ(左)ハイタカ(右) 入れ替わっています
DSC_0133a.jpg

他には、ここはアオバトで有名なのだそうです。
頭の上を飛び交うハトはみんなアオバト
(留まっている中には一部キジバトもいました)
IMG_0441a.jpg

DSC_0159a.jpg

鳴いているちゅんちゅんはみんなニュウナイスズメ
IMG_0550a.jpg

IMG_0549a.jpg

IMG_0558a.jpg

オオルリ
IMG_0456a.jpg

野鳥撮影場所から撮れる風景
白髭の滝
DSC_0001.jpg

十勝岳
DSC_0092.jpg

青い池はホテルから目と鼻の先ですが、いい鳥がいないので行きません。

明日は大雪山でギンザンマシコを狙います。







2019.06.22 |ホトトギス
天気予報が当たりません。
時々雨が降る中、まず近所の公園から探鳥。
キビタキが元気です。
001a_201906221855012ba.jpg

ホトトギスも
004a_20190622185502fa2.jpg

005_2019062218550324f.jpg


結構大粒の雨が降ってきたので一度家に帰り、雨が止んでからお山へ。
アカショウビンは静か。
サンコウチョウの亡霊のような写真(掲載しません)と、オオルリを撮影。
009a_20190622185505741.jpg

夕方、うちのいそひー
012a_2019062218550664f.jpg

娘の話では、19時頃ヒナが巣立って娘の部屋の網戸にぶつかってバタバタしたとのこと。
母鳥が
「なんで子供がぶつかるような所に網戸があるねん!!」
とお怒りだったそうです。









2019.06.16 |ミソサザイ
休日出勤やら、残業やら雨やら実家へのご奉仕やらで、やっと今日久しぶりの鳥見で、大台ケ原に行って来ました。
苔の道でミソサザイ。
004a_20190616201643a8e.jpg
苔の道ではコルリの声、キクイタダキ、ゴジュウカラ、アカゲラもいました。

お昼前から西回りでシオカラ谷、シャクナゲ、中道と周りました。
シオカラ谷はコマドリが元気に鳴いていましたが撮れず。
そのままシャクナゲのトンネルに向かうと今年もいました。コルリ。
でもシャクナゲの根元をちょこちょこ移動して撮れません。1時間粘りましたが諦めました。
シャクナゲ辺りはアオゲラ、コゲラ、コガラ、ヒガラ、ルリビタキもいて楽しかったです。
シャクナゲは終わっていましたがシロヤシオが少し残っていました。
008a_20190616201644fa4.jpg

カケス
011a_2019061620164648c.jpg

コガラ
016a_20190616201647aef.jpg

オオルリはかつてなかったほどの大量発生。
渡りのとき暑い日が続いたのでこんなところまで上がってきてしまったのでは・・・思っています
030a_201906162016494d5.jpg

大台はジュウイチが一番の目的でしたが、全く声も確認できませんでした。
もう一つの目的は新しく買ったトレッキングシューズを履き馴らすこと。一つ欠点が見つかりました。登りはいいけど下りで靴のかかとの上がアキレス腱に食い込んで痛い。厚手の靴下を履くか、靴底に何か敷いて底上げするかしないと靴擦れしそう。





2019.06.05 |アカショウビン
天気予報は良かったはずなのになかなか晴れてはくれず。
4時間ちょっとで200枚くらいしか撮れませんでした。
099a_20190605212053f35.jpg

正面顔
133a_20190605212054d7f.jpg

137a_20190605212056bc7.jpg

ひっそりとオオルリ幼鳥
054a_20190606080157b4d.jpg

055a_20190606080159398.jpg







2019.06.03 |アカショウビン
仕事帰り 

アカショウビン今日も出てくれました。
昨日より幾分明るくてよかったです。
074a_20190603185435e0b.jpg

075a_201906031854367f1.jpg

108a_201906031854388e1.jpg

103a_201906031854390b4.jpg

178a_20190603185441a47.jpg

180a_20190603185442fe8.jpg






2019.06.02 |アカショウビン
今日はアカショウビン撮れました。
梅雨空で暗く、アカショウビン日和ともいえます。
この環境で綺麗に撮れるかどうか、腕の見せ所ですね。
私は全くだめですがwww
002a_201906021845485bf.jpg

042a_201906021845500c0.jpg

064a_201906021845519df.jpg

念願のペア撮り
085a_20190602184553112.jpg

088a_20190602184606417.jpg

108a_20190602184606bda.jpg




2019.06.01 |サンコウチョウ
朝早く夏のお山に行った人たちはアカショウビンの声を聞いたとのこと。
朝ドラ見てから行った私は負け組み。
サンコウチョウは3羽で牽制しあってました。
002a_201906022240284b5.jpg

008a_20190602224029e7f.jpg

010a_20190602224031cf5.jpg

012a_2019060222403381f.jpg


キビタキ
024_201906012222504ca.jpg








2019.05.29 |アカショウビン
朝、庭に蜂の巣が散乱していました。
相当高い所から落ちてきたようです。
スズメバチの巣ではないけれど、ハチクマの落し物でしょうか。
001a_20190530183115217.jpg

お山で最初の遭遇はリス
フロントガラス越しに撮影。
010a_2019053018311714f.jpg

011a_20190530183118d55.jpg

カケス
007a_20190530183116378.jpg

風が強くて鳥の声はあまり聞こえませんでした。
口笛を吹いたらちょこっと遊んでくれました。
009a_20190530183122ca9.jpg

010a_201905301831245dd.jpg






2019.05.26 |カッコウ
昨日は到着が10時くらいだったため、鳥の気配が少なく、ここももしかすると鳥がいないんじゃないかと不安になりましたが、今朝は早朝から賑やかでした。
朝食までの間白樺湖畔を歩く。
一番にオオヨシキリ
007a_20190527154916fae.jpg

079a_2019052715491838a.jpg

コムクドリはホテルの廃墟に巣を作っていました
015a_20190527154919141.jpg

コルリは沢山いて賑やかでしたが撮れたのは一羽だけ
029a_20190527154921789.jpg

033a_20190527154922325.jpg

カッコウもたくさんいました
062a_20190527154923a8f.jpg

064a_20190527154925165.jpg

068a_20190527154926598.jpg

朝食後はチェックアウトしてもう一度昨日行った八島湿原へ
ホオアカ
085a_20190527154928866.jpg

130a_201905271549305d8.jpg

ノビタキ夏羽
104a_201905271549317e3.jpg


さらっと画像を一通り貼りましたが、実は朝から受難続きでした。
起きたら右ひざがひどく痛む。歩きかねる。
それでも散歩をしているとだんだん慣れて普通に歩けるようになりました。寝床が変わると首を寝違えたり腰が痛くなったりするので対策に枕と膝宛は持参するのですが、膝の痛みは初めてでした。

そして八島湿原。いつもはビジターセンター周辺だけ歩くのですが(歩く気は満々でもいつも真夏に行くので暑さで断念する)今日は絶対湿原を1周してやると決めて、
「湿原一周するから10時集合ね~~」
と家族に告げて出発しました。
昨日主人が一周した時1時間かからなかったから鳥を撮りながらでも2時間あれば足りるだろうと。
ノビタキ、アオジ、カッコウの声で気持ちも弾む。
オオジシギにも注意を払いながら進んでいく。道なりにまっすぐいくとなんだかどんどん湿原から離れて山を登っていく。変だな、と思いながらも稜線を周るコースかもしれないと思いひたすら登る。ところが道は稜線をも越えてなお湿原と反対方向に続いている。30分登ってようやくおかしいと気付いた。主人に電話して
「湿原を1周するのって、山の上越えていくん?」と聞いたら
「道間違えてる」とのこと。慌てて降りる。膝の痛みが再発して急ぐことができない。
20分ほどかけてやっと平坦な道に戻ったので時折走りながらあと1.3キロという地点まで来ました。
これならなんとか5分遅れで行けそうだ。と安堵した所で不意に背後の林から「カッコウ、カッコウ・・・・」
双眼鏡をポケットから出そうとして気付きました。・・・・ない。
走ったから途中で落としたんだ。がーん。本日3度目の受難。
もう体力もかなりなくなっていたけど戻って探すしかない。
来た道をまた早足で戻る。
同じコースを歩いてくる人たちがいたので
「双眼鏡落ちていませんでしたか」と聞くと
「落ちてましたよ」とのお返事
「どの辺りでしたか」
「ゲートの300mくらい向こうですよ」
「有難うございます」
まだ先だ~~。
別の人がまたやってきて、落し物として拾ってくれていると行っても無駄足になるのでもういちど同じ事を聞く。
「双眼鏡落ちていませんでしたか」
「落ちていました。踏まれないように右側の岩の上に置いておきました」
「有難うございます」
かくしてそこに双眼鏡は鎮座していました。
皆様本当に有難うございました。その時点でもう待ち合わせの10時は過ぎていました。
主人に「あと2km」と連絡して、またまた小走りに戻る。
私があまりに哀れだったのか別の女性が
「急ぐの?乗り遅れたのなら車で送ってあげますよ」
とまで言ってくれました。
本当にありがとうございます。
「家族なので待ってくれています。大丈夫です。」
みなさんほんとうにお世話になりました。
カッコウも鳴いてくれてありがとう。あそこで鳴かなかったら双眼鏡がないことに気付かなかった。
受難続きでくたくたになったけれど、すごく思い出に残る八島湿原でした。




2019.05.25 |ノビタキ
夏のお山が芳しくないので避暑を兼ねて白樺湖、霧ケ峰に来ました。
撮れなかったけれどジュウイチ、カッコウもいます。
涼しいかといえばそれほどでもない。
最高25度はあります。
ビーナスラインは花ほとんどなし。
そのためか観光客も7月より少ない。鳥は一通りいるので快適です。
次女の希望アカモズはまだ出ませんが。
ノビタキ
IMG_9527.jpg

ホオアカ
IMG_9508.jpg







06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
検索フォーム

プロフィール

ミスティ 

Author:ミスティ 
三重県在住
家族全員野鳥好き 
平日は仕事の合間に探鳥
休日は家族で探鳥
バーダーとしてもカメラの技術もまだまだひよっこです。
使用カメラ
NIKON D5500
+レンズAF-P NIKKOR 70-300mm f/4.5-5.6E ED VR
(2019年7月10日分から)

Canon PowerShot SX70 HS


(Canon PowerShot SX50 HS 2019年3月15日撮影分まで)

投稿日が撮影日です。

リンク

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

**************

有料アダルト動画月額アダルト動画裏DVD美人フェラポルノ動画フェラ動画美人フェラ無修正アダルト動画フェラチオ動画無修正フェラ
アクセスカウンター高画質アダルト動画無修正フェラ動画アダルト動画無修正アニメ動画海外アダルト動画
無料カウンター無修正DVDクレジットカード
無料アクセスカウンターウォーターサーバーアダルトグッズランジェリー無修正盗撮動画AV女優名教えて
ブログカウンター

RSSリンクの表示

QRコード

QR