2018.02.18 |キレンジャク
今日は午前中、昨日の場所へレンジャクを確認しに行きました。別グループが入ってキレンジャクがいるかもしれないという淡い期待を抱いて。ヒレンジャクばかり7羽ほどいました。昨日と同じグループかもわかりません。
水溜まりはすっかり乾いていて、水を飲むため、度々川の方まで降りていました。
ヤドリギの実は食べたことがあるけれど(真似しないでください人間にはよくないものらしいです)飲み込めないほどねっとりして、ティッシュで拭き取っても舌の上にずっと残っていました(味はほんのり甘かったです)。
鳥にしても水の力を借りないと飲み込めないのかもわかりません。
水飲み場を作ってあげたら長くいてくれるかも。

満足できる写真が撮れたので、イスカ狙いで高原に行きました。道は乾いていました。
イスカは見つけられませんでしたが、マヒワは多かったので、津のウォッチャーさんとレンジャクの話をしながらベニヒワが混ざっていないか探しましたが見つからず。

諦めて帰りかけたところ、何かが飛んで来ました。
ヒレンジャクの群れでした。主人がキレンジャクを見つけました。
やった~~。めっちゃ嬉しい!!

キレンジャク(初)
移動する様子を見て、待ち伏せしていたら至近距離の枝に止まりました。
しっぽが見えない~。と悔しがっていたら、ひょい、と後ろを向いてくれたので、「いい子だね♪」と狂喜乱舞。
拡大して見ていただくと黄色の風切がよくわかります。
目に空が映り込んでいるのもわかります。
439a.jpg

最初はレンジャク合わせて10羽以上いたと思いますが、何度か飛んで、最後にまた戻ってきたのはヒレンジャク4羽とキレンジャク2羽でした。
452a.jpg


084a_20180218204925e0a.jpg


355a_20180218204926d54.jpg


417a.jpg


482a.jpg


463a_2018021820493177b.jpg

ヒレンジャク(左)とキレンジャク(右)
359a.jpg
通常北海道中心のキレンジャクですが、今シーズンは全国に目撃例が広がっています。
今期撮らなければ次いつになるかわからないのでず~~っと狙っていました。



午前中に撮影した宮川のヒレンジャク
183a_20180218204934531.jpg





スポンサーサイト
2018.02.17 |ヒレンジャク
ブログの更新がないので北海道に行っていると思われた方もいらっしゃったようで・・・。
北海道は来週末です。氷点下の北海道。
この2週間、休日は実家の用事でほとんど探鳥できませんでした。
それでも西日本各地でキレンジャクの報告があるので、仕事帰り、レンジャクチェックは時間がある限り行っていましたが、ヒレンジャクにも会えず。

今日はほぼ2週間ぶりに、いつもの宮川河川敷でヒレンジャクに会えました。8羽いました。
馴染みの先輩ウォッチャーさんたちも集結で賑やかな撮影となりました。
賑やかなので何事かと一般の方々も集まってきてしまって撮影に集中できない!!

相変わらず枝被りが多い
027a_20180217162407b2d.jpg

枝被りばかりか、強風でくもの巣のようにあちこちに張り巡らされた糞を避けて撮るのも大変
081a_20180217162410145.jpg

飛翔シーンをもっと撮りたかった
037a_201802171624101bb.jpg

見下されてるみたいなアングルばっかり
109a_201802171624120fc.jpg

全部で8羽。この時しっぽを確認。全部赤でした。
早朝はもっといたそうです。
115ab











2018.02.04 |ヒレンジャク
今年も宮川河川敷いつもの木にヒレンジャク到着です♪
4羽確認できました。黄色い子はいませんでした。
005a_201802042221033db.jpg

とうっ!
087a_20180204222105bf9.jpg


093a_2018020422210640c.jpg

風になんか揺れてる~ww
095a_20180204222107d8b.jpg
ヒレンジャク・・・少しの時間しかいてくれませんでした。お昼を食べて戻ったけどヒレンジャクは戻っていなかった。
これで終了ってことはないでしょう。これからシーズンです。


代わりにカワアイサが7羽
あれ?先週の日曜日に玉城で見た子達もオスばかり7羽だったなあ。
同じグループかな(7羽同時に同じフレームに収まりませんでした。単独行動したい子が1羽いるんです)
022a_20180204222109974.jpg


038a_201802042221115d0.jpg


051a_2018020422211258e.jpg




2018.02.03 |トラツグミ
ネット動画で見ると、面白い「トラダンス」が沢山出てきます。
うちのとらみんも一日中餌を探しているので撮れるかもしれないと、今朝霧の中近付くのをじっくり待ちました。
やってるやってる。あまり上手ではないけれど。小さい獲物は捕れているようです。





イスカをもっとちゃんと撮りたくてまた青山高原へ
道は先週よりさらに雪が増えて最後の2kmがとても遠く感じました。
結果、イスカの雌は1羽いると、他のウォッチャーさんの情報。でも撮影できず。
鳥は色々いて楽しかったですけどね。
マヒワ
005a_2018020407072008c.jpg

ベニヒワ混ざってないなあ・・・
058a_20180204070721dc6.jpg


067a_20180204070723fed.jpg

ビンズイ
018a_2018020407072484e.jpg

ウソ
082a_201802040707257b9.jpg

ヒガラ
097a_20180204070727275.jpg

節分なので、庭に豆撒き
キジバトくらいしか食べないかな
071a_20180204070728a0e.jpg















2018.02.01 |トラツグミ
昨年柿が終わるまでその姿を毎日裏庭で楽しませてくれたトラツグミ。
今年は来なかったと思ったら、前の畑にいました。一応敷地内♪
思い返すと夏の夜、窓を開けたままにすると「ヒーーー」っていうぬえの声が聞こえたと思ったけど、空耳ではなかったかもわからない。
うちのとらみん。
006a_20180201172959a23.jpg


026a_201802011730015f2.jpg


031a_20180201173003c3f.jpg




2018.01.31 |番外編
月食が始まったところ
124a_20180131230807268.jpg

皆既月食中
スーパーブルーブラッドムーンなのだそうです。
学生の頃は天文部でした。
天体望遠鏡にカメラを取り付けてはじめて撮った月の写真より、今の、カメラだけの撮影の方がよく撮れていると思います。
手持ちで撮ったので若干手ブレが・・・
196a_20180131230809d40.jpg


2018.01.31 |コジュケイ
今日は仕事が休みで、午後から用があったので午前中だけ近辺を探鳥
何の前触れもなく出てくるコジュケイ(先に2羽が左の藪に入りましたがこの子は一度引き返しました)
フロントガラス越し
084a_20180131174836d5f.jpg

2羽重なっています。
088a_20180131174838e4c.jpg

遅れた子達を迎えに来たのか・・・
091a_20180131174838f76.jpg

3羽
096a_20180131174840a67.jpg

アカゲラ 
とても近いのに枝が多くて撮れない・・・
031a_201801311748427f4.jpg


103a.jpg

イカル
004a_201801311748447be.jpg

エナガ
057a_20180131174846dd2.jpg


060a_2018013117484717d.jpg


062a_20180131174849835.jpg


063a_20180131174850b0d.jpg

今月の初撮り鳥は
ヒメアマツバメ  コイカル ハッカチョウ イスカ の4種類でした
来月は北海道があるからね。わくわく♪


2018.01.28 |ホオアカ
やっぱり気になるレンジャー
午前中は伊勢方面に行きましたがまだ来ていない様子。
それで代わりに撮れたのがオオアカハラ。
毎年律儀に戻ってきてくれます。
宮川河川敷オオアカハラ
037a_20180128194728151.jpg


104a_201801281947294f6.jpg

110a_20180128194730b24.jpg

神宮徴古館でトラツグミ
047a_20180128194732521.jpg

117a_20180128194733b70.jpg

五十鈴川(神宮)周辺はやっぱり無料駐車場は閉鎖されていました。
有料駐車場は今日はかなり空いているようでしたが、終日いるわけではないので料金1000円はちょっと・・・ためらいます。
五十鈴公園と五十鈴川のヤドリギはパス。

志摩の田園地帯 タヒバリ
054a_20180128194734aed.jpg

ホオアカ
091a_20180128194736f3b.jpg


097a_2018012819473787a.jpg

ホオアカに混じっていた一羽
コホオアカにも見えますがよくわかりません。
オオジュリン?
081a_20180128194739ce7.jpg

玉城町の池にカワアイサ雄ばかり7羽いました
010a_2018012819474020a.jpg

自宅近くに戻って公園裏でアオゲラ
127a_201801281947428c4.jpg


128a_201801281947437bc.jpg


129a_20180128194745dc7.jpg

+補正してあったため白くなったカケス
綺麗だから載せちゃう
134a_20180128194746aba.jpg

ルリバウア~~(ルリビタキ)
138a_20180128194807419.jpg

ルリ子
149a_201801281948081d1.jpg


151a.jpg

ルリビタキ♀と若♂の見分け方
翼の付け根、翼角が雄であれば1歳未満でも青みがかっている。
この子は全く青みがかっていないので♀のようです。
151ab.jpg
雪が降ってきたので早々に引き上げましたが、今日は鳥が多かったです。



2018.01.27 |イスカ
昨年11月、12月に続き、3ヶ月連続(3度目)青山高原へイスカを探しに行って来ました。
数日前からの寒波と雪で道は所々凍っていましたが、主人の車もようやくスタッドレスに替えたので、決行となりました。

因みにイスカは主人と次女は何年か前、私がまだ鳥にあまり興味がなくて同行しなかった頃、町外れのお山で既に撮影済み。

青山高原の駐車場に車を停めて歩き始めた所、葉の落ちた木の枝に何か止まっているのが見えました。
私「なんかいる」でも遠くてまだ何かわからない。
娘「イスカじゃない??」
主人「そうかも」
近付きながら
私「赤いね」

撮って拡大して見たらイスカでした。やったね。弟一目標に、到着5分で遭遇。


雪が舞う中
イスカ(初)
015a_2018012717484144a.jpg

嘴がわかるように拡大
015ab.jpg


013a_201801271748427b6.jpg


019a_201801271748443bf.jpg


058a_20180127174845882.jpg


065a_20180127174847e87.jpg


074a_20180127174849f58.jpg

マヒワ
026a_20180127174850de5.jpg


028a_20180127174851232.jpg

ウソ
029a_20180127174852676.jpg


084a_20180127174854dab.jpg


先にカケスがいました。林に飛び込んだ時羽が舞いました。
主人「カケスの羽じゃない?」
娘「アオバトの羽」
「大当たり~~」と言わんばかりに飛び出しました。
アオバト
031a_20180127174856fea.jpg

アオバトはハヤブサなどに襲われたとき、逃げやすいように羽が抜ける仕組みになっていると、以前NHKの「ダーウィンが来た」でやっていました。この時もカケスに蹴られたのかもわかりません。
094a_20180127174857fdb.jpg

雪とキツネ
096a_201801271748582ae.jpg

雲出川堤防で
チョウゲンボウ
手が届くくらい近くで撮影できました。
105a_20180127174900977.jpg





2018.01.26 |クロジ
今日はクロジ♂が来ていました。
花びらは山茶花です。
020a_20180127170445e5b.jpg


009a_2018012717044629c.jpg





2018.01.24 |ルリビタキ
ルリビタキ若♂
010a_20180126070008316.jpg


007a_20180126070009664.jpg

ノスリ
002a_201801260700119ea.jpg

裏庭の柿がサルに取りつくされたので餌を置きました。
メジロ、アオジ、クロジ、シロハラ、ヒヨドリ、キジバトが入れ替わり訪れます。
ウグイスは甘夏が好きではないようです。
シロハラ 「パンくず大きいよ」
027a_201801260700128c7.jpg




2018.01.21 |ハッカチョウ
大泉緑地でコイカルを撮影した後、ツリスガラを求めて淀川に移動しました。

ツリスガラには会えませんでしたが、外来種ハッカチョウが群れになっていました。
嘴の上の冠羽が面白い。
ハッカチョウ(初)
050a_2018012206444581a.jpg


095a_2018012206445188b.jpg


096a_20180122064452df8.jpg


060a_201801220644486c2.jpg


062a_20180122064449190.jpg


105a_20180122064453405.jpg

チュウヒ
115a_20180122073720412.jpg

ベニマシコ
064a_20180122073722953.jpg








2018.01.21 |コイカル
最近いろんな鳥で賑わっている関西ですが、私はコイカル狙いで大泉緑地に行きました。
CMが囲んでいたので場所はわかりましたが、最初はすぐに飛び上がってしまい、なかなか撮れず焦りました。
お昼前にようやく食事タイムとなり、落ち着いて撮ることができました。

コイカル(初)
012a_201801220644437d5.jpg


084a_20180122064445f10.jpg


フクロウは今日はいなかったようです。
ニシオジロビタキやミコアイサはいたかもわかりませんが以前撮影済みなので探しませんでした。




2018.01.20 |コハクチョウ
暖かくなりそうだったので、流行にかなり乗り遅れましたが、今シーズン初、湖北に行きました。

これがもしや噂のアメリカコハクチョウ(?)
002a_20180120224735fdd.jpg


多分オオハクチョウ
鼻の穴の先まで黄色い部分があるのでオオハクチョウだと思うのですが。
湖北で初めてオオハクチョウが撮影できました。
213a.jpg


今シーズンの来賓
シジュウカラガン
今日は湖北野鳥センターにはお邪魔しないで、「自分たちで見つける」ことに徹したので、上手く出会えて嬉しさ倍増でした。
124a_20180120224738405.jpg

オオワシは最初ひどい枝被りでしたが、一度海に飛びました。
062a_201801202247398b9.jpg

お山に戻ったら今までで一番見やすいところに止まってくれました。
077a_2018012022474146d.jpg

オオジュリン
159a_20180120224742cd7.jpg

他にビオトープでミソサザイ、田んぼでマガン。
湖にミコアイサ、カワアイサがいたと娘が言っていました。

今まで行くと必ず会えたコクマルガラスやホシムクドリには出会えませんでした。
あと、湖はやはりカモ類が少ないようでした。アカハシハジロはどうなんでしょう。




2018.01.19 |ウミアイサ
今日は津の大学に行っている息子の所に顔を出したついでに、安濃川河口を見て来ました。
今年はどこもヒドリガモが少ない印象です。ミヤコドリ、ウミアイサ、ホオジロガモなどがいました。
ホオジロガモ雄は遠いけれどディスプレイしている様子が見えました。
どの種類もペアが出来始めています。

ウミアイサ
010a_20180119184045d8e.jpg

ミヤコドリとホオジロガモ雌
020a_20180119184047188.jpg

ウミアイサとホオジロガモ雌
027a_201801191840496fe.jpg

ユリカモメ
030a_20180119184049300.jpg







2018.01.18 |チョウゲンボウ
レンジャクはいよいよ大阪まで来たというのに、宮川は素通りですか~~。
姿見えないだけではなく、ヤドリギの実はいくつか落ちていましたが、痕跡、レンジャクのウ○チも見当たらなかった。
五十鈴川の方はどうだろう。でも内宮周辺はこの時期あまり近付きたくない。車とめられないし。

しかし、宮川も昨秋の台風で流れ着いた流木がまだまだ撤去されず、桜の季節に間に合わないんじゃないだろうか、と余計な心配をする。
今日はヤドリギ地帯はチョウゲンボウ、近鉄鉄橋近くでノスリ、あとカラス。以上

011a_2018011821181621b.jpg


041a_20180118211817e3b.jpg



2018.01.13 |ヒメアマツバメ
今日は久しぶりにフルタイムで探鳥しました。
前後しますが初撮りがあるので午後の部宮川編から。

初見ではないけれどちっとはましに撮れたので
レンジャクの本州での確認がぽちぽち出ているので様子を見に行きましたが出会えず。代わりに姿を見せてくれたのが
ヒメアマツバメ(宮川河川敷)
017a_20180113225503600.jpg

018a_20180113225504db3.jpg

019a_20180113225506cfe.jpg

キジバトがいっぱい飛び出しました。猛禽の気配
020a_20180113225508a5d.jpg

ハイタカ
いつもは対岸からオオタカなのか全く判別できないものを撮っていたので今日は下で待ちました
021a_20180113231057aad.jpg

025a_20180113225509746.jpg

026a_201801132255114da.jpg
今シーズン宮川沿いでまだチュウヒ、ハイチュウに出会えていません。


午前の部  公園裏
ジョビオ
002a_20180113225512538.jpg

町の北側のお山のふもとで
もふもふで頭が見えないとシマエナガみたいだね
006a_20180113225514df7.jpg

エナガでした
007a_20180113225515a42.jpg

008a_20180113225517ba9.jpg

お山の上で
今シーズン初ウソ
016a_2018011322551841c.jpg

お山は7~8cmもある立派な霜柱が雪の下からはえていて歩きにくいったら
049a_20180113225520f42.jpg

展望台もこんなかんじ
050a_20180113225521266.jpg

チョウゲンボウ♂ (撮影は昨日松阪で)
028a_201801132255033e3.jpg

まるもふシリーズ ひばりさん(これも昨日撮影)
003a_20180113225501133.jpg


2018.01.11 |ジョウビタキ
北海道と気温が5度しか違わない、とてもとても寒い一日でした。半袖半ズボンの小学生を何人も見ました。見ているだけで寒い。私もかつては風の子だったのにね。こんな気持ちで来月北海道耐えられるのか・・・。
昨年計画倒れになった雪の北海道に一人で行ってきます(主人は多忙、娘は寒いのノーサンキュー)。
ツアーなので雪道の心配は要りません。
一番撮りたいのはエトロフウミスズメですが、少なくともコオリガモとビロードキンクロは撮ってきます。
サプライズでコケワタガモやヒメハジロが来てくれたら最高です。

奄美から帰ってちまちまと撮ってはいるのですが、コクガンとか、チュウヒとか、オオタカとか、真新しいものがないついでに庭のテニスボールジョビオを
南天の実をせっせと食べていましたが、時々白いものを口からポイしていました。ペリット?

017a_20180111225916e25.jpg






2018.01.08 |未分類
2018奄美大島で年越し探鳥 企画:ミスティ   
日の出07:13  日の入り17:34

2017年12月29日(金) 曇り時々雨
伊丹空港 JAL2465便 9:25発 → 奄美大島 11:15着 
昼食は時間がもったいないので、いつものようにスーパーのお弁当。

見られた野鳥 赤文字は初見
カラスバトルリカケス、サシバ、アマミコゲラ、ジョウビタキ、ウグイス、チョウゲンボウ、イソヒヨドリ、ヒヨドリ、リュウキュウツバメ、ハジロコチドリ、アマミヤマガラ、シジュウカラ、リュウキュウメジロ、キセキレイ、ハクセキレイ、ハイイロガン、ヒドリガモ、カルガモ、カワウ、アオサギ、ダイサギ、コサギ、オオバン、メダイチドリ、ダイゼン、ムナグロ、コアオアシシギ、ミサゴ

夕食 奄美大島の島とうふ屋 http://shimatoufuya.jp/
私が食べた週替わり定食
199a_201801080829486dc.jpg

202a_201801080829506f4.jpg

ホテル室内
203.jpg



12月30日(土) 晴れ

見られた野鳥
オーストンオオアカゲラ、ルリカケス、カラスバト、カワセミ、コウノトリ、クサシギ、タシギ?、サシバ、クロサギ、コサギ、カイツブリ、アマミヤマガラ、シジュウカラ、オオトラツグミ、シロハラ、アカヒゲ、アカガシラサギ、ジョウビタキ、ミサゴ



12月31日(日) 雨
見られた野鳥
ヒヨドリ、カラスバト、ルリカケス、アマミコゲラ、ツクシガモ、サシバ、メジロ、ウグイス、ヤマガラ、キンクロハジロ、イソヒヨドリ、ミサゴ
大晦日は食堂もほとんど休業で、現地でどうしても食べたかった鶏飯(けいはん)のお店をやっとのことで探して食べることができました。
自分で好きなだけごはん、スープを入れます。
DSC_0088.jpg

鶏ダシが効いたスープがとても美味しい。
DSC_0090.jpg
お土産用のも買いましたが、全然味が違います。


2018年1月1日(月) 晴れ
ホテルの朝食はバイキング方式。少量のつもりでも毎日これくらい食べてしまいました。
季節的に輸入物かもわかりませんが、パイナップルが完熟で美味しかったです。
001_201801081606390dc.jpg


見られた野鳥
ルリカケス、オーストンオオアカゲラ、オオトラツグミ、アカヒゲ、シロハラ、カラスバト、サシバ、ジョウビタキ、イソヒヨドリ、ミサゴ、ノスリ
 
奄美大島JAL2468便Jクラス 18:15発 → 大阪(伊丹) 19:40着

《かかった費用》
航空運賃往路 89,400円(29,800円/一人)
レンタカー4日間で13,200円(マーチ)
ガソリン代 5,239円
宿泊ホテル ホテルカレッタ3泊4日 朝食付き 57,000円(19,000/一人)←これは年末料金で通常より少々お高い(といっても3泊ですからね。格安に変わりない)。
寝ごごちのいいベッドで毎日熟睡できたのがよかったです。
 航空運賃復路 35,400円(11,800円/一人 元旦は利用する人が少ないからか、料金が格段に安いので、1クラス上のシートにしました。1000円くらい上乗せでしたが、ゆったりしてレッグレストが付いて、ヘッドホンもいいのが付いていました)
伊丹空港駐車料金 約10,000円 他家から大阪往復高速、ガソリン代、

3人で合計約200,000円と4日分の昼食、夕食食費  

おまけ
伊丹空港着陸前の夜景
260a.jpg

年末の旅行は冬至を過ぎたばかりで日照時間が短く、ちょっと損な気がします。
暖かい地方だし、自力ナイトツアーで車で夜の自然観察の森に行ったら、アマミヤマシギやクロウサギ、フクロウ類に会えたかも、と、少し後悔しました。

お土産はスーパーで買うほうが、空港で買うより安いものが多く、ある程度金額がまとまれば無料で宅配してくれます。
私は着いたその日にビッグⅡというスーパーで(5400円以上で送料無料)送りました。1月2日着指定でちゃんと届きました、

帰ってから地元の方のブログで、サトウキビ畑にヤツガシラがいたとの記事が。
サトウキビ畑は猛禽とミフウズラを探して結構まわったのですけどね。・・・残念。











2018.01.02 |ハイイロガン
奄美初日12月29日撮影ですが、マガン幼鳥の可能性もあったので帰ってじっくり調べました。
嘴の色、大きさ、アイリングの色からハイイロガンで間違いないと思うのですが、もっと違うご意見があればお聞かせください。
遠方のため画質が著しく悪いですが、いろんな角度から見られるように全て掲載します。

追記:奄美野鳥の会主催の「初日の出探鳥会」の記事で、ハイイロガンのことが書かれていたので間違いないようです。
記事
http://blog.goo.ne.jp/inpre-anac/e/c6d31465e1a90099b7d391c455a9f178


ハイイロガン(初)
196a_201801020859546d8.jpg


189a_20180102085955e76.jpg


190a_20180102085957320.jpg


191a_201801020859587e6.jpg


193a_20180102090000e45.jpg


194a_2018010209000178f.jpg


195a_20180102090002e4b.jpg





01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
検索フォーム

プロフィール

ミスティ 

Author:ミスティ 
三重県在住
家族全員野鳥好き 
平日は仕事の合間に探鳥
休日は家族で探鳥
バーダーとしてもカメラの技術もまだまだひよっこです。
使用カメラ
NIKON D5500、
Canon PowerShot SX50 HS
投稿日が撮影日です。

リンク

最新記事

最新コメント

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

**************

有料アダルト動画月額アダルト動画裏DVD美人フェラポルノ動画フェラ動画美人フェラ無修正アダルト動画フェラチオ動画無修正フェラ
アクセスカウンター高画質アダルト動画無修正フェラ動画アダルト動画無修正アニメ動画海外アダルト動画
無料カウンター無修正DVDクレジットカード
無料アクセスカウンターウォーターサーバーアダルトグッズランジェリー無修正盗撮動画AV女優名教えて
ブログカウンター

RSSリンクの表示

QRコード

QR