2018.05.25 |未分類
今日は有給休暇。
午前中、お山でやっと妖精さんの声を確認しました。

最初聞こえたとき、他の人のバードコールでないか確認のため、峠の南側を一応下の方まで車で走りましたが、他にバーダーさんはいませんでした。

一番声がはっきり聞こえたのは、19日にお仲間さんが声を初認した場所と全く同じ。
沢の音のする谷からでした。声は私がいた2時間の間、約15分間隔で数回ずつ聞こえたので、沢に沿って上下して餌を捕っているか巣材を運んでいるのかもわかりません。こちらから呼んでも妖精さんには沢の音が大きくて聞こえない可能性があります。
ホトトギスに対してかな、3回鳴きも聞こえました。

声だけですが動画どうぞ。
遠いので音量最大でないと聞き取れません。0秒、7秒、16秒の辺りに入っています。


エンジン音のような音はヘリコプターです。


他はアカショウビンの声、峠北側。

アオバズクは寝てます。
004a_2018052515402004b.jpg


サンコウチョウは縄張りを守っています。
015a_20180525154022781.jpg










スポンサーサイト
2018.05.21 |ケリ
今日はどうしても確認しないといけない子がいて、海岸沿いを走りました。
2時間探したけれど見つけられず。
北上したか、山越えのため西に向かったか、私に怯えて物陰に隠れていたかはわかりませんが、残念。

ケリの親子とアマサギがいました。
005a_2018052119025985e.jpg

ケリッ子は1羽しかいない模様。
親は動かなかったのでまだ抱卵中かな。
012a_2018052119030156e.jpg


028a_20180521190301e1c.jpg






2018.05.20 |サンコウチョウ
なんでこんなに寒いの・・・

お山はサンコウチョウだけ撮りました。
先日よりは尾羽が長い。
葉っぱ被り
001a_20180520220621f58.jpg


003a_20180520220623c07.jpg

やっと尾羽が見えた、と思ったらピンボケ
004a_2018052022062553d.jpg







2018.05.19 |アオバズク
今日は風が強く、肌寒いくらいでした。
暑い3月の後に寒い5月がある。
鳥たちも迷いつつの行動かもわかりません。

今日はようやく妖精さんの声が聞こえたそうです。
通過しただけかもわかりませんが、これから楽しみです。

水曜日にお山で声だけ聞いたアオバズクを、今朝は暫らく探しました。
見つけました。(お仲間さんの情報も借りて)
015a_20180519170607ba2.jpg


鳴いてくれたので動画も撮影しました。



その後、風が強く、アカショウビンも妖精さんの声も聞こえない。
サンコウチョウは尾羽の長い個体を見かけましたが愛想悪いので、山を降りて海岸へコアジサシを探しに行きました。
しかし海は草にしがみついているホオジロと風に流されるセッカのみ。
釣り人もいないほど荒れていました。

仕方がないからルピナスヒバリを撮って帰りました。
明日は風も今日よりはよさそう。もっと早く家を出よう。
004a_20180519170609a99.jpg


005a_20180519170611c6b.jpg

主人は今日、蛭の洗礼を受けました。








2018.05.18 |サンコウチョウ
仕事が終わってからお山の様子見。
上の方でアカショウビンの声がよく聞こえました。
待ってみたけれど、近くには来ませんでした。
みんな待ってる妖精さんの声はまだ?

サンコウチョウは密度の高い所があって、数羽で争っていました。
証拠程度の写真ですが、アイリングがくっきりなのでオスかと思います。
尾羽・・・超短い・・・・・。
003a_2018051818525194c.jpg


005a_20180518185253bb9.jpg


昨日家の近くで撮影のホトトギス
016a_20180518185836cfe.jpg

カラスアゲハ
007_20180518185837895.jpg






2018.05.16 |コムクドリ
明和の海岸沿い
コムクドリがいました。
031a_2018051619263974b.jpg


041a_20180516192641670.jpg

お山はやっとアカショウビンの声が聞こえましたが、遠すぎて撮れる気がしない。

去年の場所でアオバズクの声が聞こえました。

サンコウチョウもあまりホイホイ言わないし。

今日はアナグマだけ撮りました。
052a_20180516192641701.jpg






2018.05.15 |アマサギ
今日はお買い物デーなので鳥見はほどほど。

職場近くの堤防沿いでアオアシシギ、キアシシギ、ソリハシシギ、メダイチドリ、ずんぐりしたチュウシャクシギ(?)、コガモを確認。

遠回りで帰る途中多気駅とクリスタルタウンの間の田園地帯でアマサギを撮影。
交通量が多いのでじっくり撮れませんでしたが。
034a_20180515200556083.jpg


032a_20180515200558a30.jpg


065a_20180515200559760.jpg


067a_20180515200600d56.jpg




2018.05.12 |ツバメチドリ
お山→田んぼ地帯→海岸→自宅近く
とまわりましたが、変わったものは撮れず。
ツバメチドリが3羽、ジシギとムナグロが同じ田んぼ区画にいました。
077a_20180512230031920.jpg


085a_201805122300335d6.jpg




2018.05.09 |アオゲラ
とても寒く、お仲間さんも誰もいませんでした。
いつものキビタキたちとオオルリたちが迎えてくれました。
001a_20180509194436cc2.jpg

アオゲラ
005a_20180509194438388.jpg

おうちにしては大きいし、古いようです。
007a_20180509194440958.jpg


008a_2018050919444158a.jpg

009a_2018050919444386f.jpg

アカショウビンの声は聞こえませんでしたが、数箇所でサンコウチョウの声がしました。

ウグイス
028a_2018050919444472e.jpg

自宅近くで10cmくらいのカメ
029a_201805091944466d2.jpg

昨日帰宅途中、松阪で見たアマサギ
車を停めたら飛ばれました。
001a_20180509195120438.jpg







2018.05.06 |ミソサザイ
毎年恒例GWの大台ケ原へ行って来ました。

大台ケ原といえばどの野鳥を思い浮かべますか。というアンケートをとってみたい。
色々思い浮かびますが、ミソサザイは代表選手でしょう。
ミソサザイ(どこでもさえずっていますが、この画像は苔の道で撮影)
051a_20180506201352685.jpg


056a_20180506201354483.jpg

ルリビタキも沢山いました。
写真を撮らせてくれたのはルリ子だけでした。(中道)
065a_20180506201354f38.jpg

ヒガラ(中道)
039a_20180506201356463.jpg

ゴジュウカラ(中道)
089a_201805062013579e9.jpg

キクイタダキ(時間がなくなってきてこれがやっとです 中道)
094a_2018050620135976e.jpg

キバシリ
106a_20180506201400f6f.jpg

これ以外に娘はコルリを撮影、主人はカケスも撮っています


声だけ確認できたもの
アオバト、ツツドリ、ジュウイチ(日出が岳方面東斜面)、フクロウ、アカゲラ、アオゲラ、コマドリ他です。


朝5時10分に出発。道は空いていたので2時間10分で到着しました。
GW最終日と言うことでか、駐車場もがらがらでした。
いつものように家族ばらばらで行動。
心・湯治館(山荘)の横では朝、いつもゴジュウカラやキクイタダキが動き回っているのに今日は静か。コマドリの声も聞こえない。
遠くからツツドリの声。そして苔の道の方からはアオバトの声。行ったことがないので苔の道の方に行ってみました。
ミソサザイがけたたましくさえずっていました。
その先でアカゲラ、あと、娘がキクイタダキが撮り放題だったといっていたのでさらに進みましたがもういませんでした。

道を引き返して次は日出が岳に行く道。
ここはキクイタダキやオオアカゲラを撮ったことがあるのでとりあえず途中まで行きます。
でも今日はだめでした。

そして尾鷲辻に繋がる中道へ。
今年はアカゲラの営巣はどうなんでしょう。中道にはいませんでした。
午前中はルリビタキとミソサザイだけとって駐車場に戻ってお昼にしました。

午後、また中道に行こうとしたら日出が岳から外周を回りシオカラ谷を通って帰ってきた娘から、コルリの情報をゲット。
しかし、シオカラ谷と大蛇嵓の間だという・・・

30数年前の記憶。
友達と歩いて2度と行かないと心に決めていた超ハードコース。
でも見せてもらった写真にはくっきりコルリ。
うまくいけばシャクナゲとのコラボが撮れるかもという甘い言葉に乗りました。
が、距離だけで判断してしまったのがマチガイでした。

西回りルートで進んでいくと急な下り道が延々と。
いつも思うんですが、登って降りるコースなら、体力の限界まで登って無理なら引き返せばいい。
先に下るのは余力がわないからどん底まで行っちゃうと帰れない可能性があるのですよ。
でも突っ走ってしまったからもう戻れない。シオカラ谷まで降りましたとも。

024a_2018050621073049a.jpg


075a_20180506210731722.jpg

シオカラ谷吊り橋
076a_20180506210732461.jpg


077a_20180506210734682.jpg

そして降りるだけでもきついため膝がガクガクするまま、今度はひたすら登り・・・
やっと教えてもらった場所に着くも、人の往来が多くなかなかコルリが出てきません。
少し待つとコルリ成鳥♂がヒッと一瞬鳴いてシャクナゲの中に消えてもう戻ってきませんでした。
(娘はここでさえずりを頼りに坂道を登ったり降りたりして撮影したそうです。コマドリのさえずりも聞こえたようです)


手ぶらで帰るのもシャクだし、来た道を戻るのもいや。30何年ぶりに大蛇嵓へ行って、見納めに記念撮影でもしようと思って道を曲がると、崖から驚くほど多数のコマドリの声。
そっか~こんな場所で営巣するんだ。
と、しばし聞き惚れる。(でも姿は見えない)
026a_20180506210735987.jpg


027a_20180506210737443.jpg

大蛇嵓
秋は紅葉の名所で絶景。人で溢れます。
028a_20180506210738d69.jpg

その後尾鷲辻を曲がって中道を帰る途中(15時過ぎ)夕方の鳥タイムが来たらしく、そこでやっと上に掲載のキクイタダキ、キバシリ、ゴジュウカラを撮ることができました。
次回行くなら距離はあるけど尾鷲辻からコルリの場所に行きたいと思います。
(椅子やら三脚やらバッテリーやら入った重いリュックは車に置いて、お茶はたっぷり持って行ったのはいい判断でした)

明日は筋肉痛だ・・・

私がなかなか帰らないので家族は遭難を心配したらしいです。ごめんなさい。



2018.05.04 |ヒクイナ
今朝、自宅近くの休耕田
3月からポンポン声はしていたのですが、ようやくご対面です。
039a_20180504224716478.jpg


040a_20180504224718687.jpg


041a_2018050422471910d.jpg


042a_201805042247208a7.jpg


048a_20180504224722928.jpg


049a_20180504224723af1.jpg

いつものお山にも行きましたが、なんでやねん!!
伊勢西・伊勢インター出口封鎖のため一つ前のインターで降りる車で道は渋滞。
こんな細い山道まで交通量が増えて・・・峠から戻るとき15台もの車とすれ違って大変でした。
大型連休、伊勢に近付くなら相当の覚悟が必要です。





2018.04.30 |マミジロ
2日目の夜は金沢市内のホテルに宿泊。
朝7時前から再び石川健民海浜公園で探鳥です。
人は少ないだろうと思いきゃ、バーダーさんたちが既に多数来園。

でも、さすが朝。2日前と違い、さえずりがよく聞こえます。
駐車場横でキジが3羽。
033a_20180502143019c5f.jpg

センダイムシクイ
052a_20180502143019015.jpg


060a_20180502143020f36.jpg


093a_20180502143022798.jpg


ミサゴが巣材運び
044a_2018050214302308a.jpg

魚を運ぶみたいに両足でしっかり掴んで。
057a_201805021430251c2.jpg

オオルリ
064a_20180502143027e40.jpg

サメビタキ(初列風切がやや長いのでサメビタキとしました)
071a_201805021430281a0.jpg

コルリの声が多かったです。(でも撮れませんでした)
ムシクイもセンダイムシクイのほかにエゾムシクイ、他もいたかもわかりません。
舳倉島へ飛び立つ前の渡り鳥が通過していく場所なので、4月はヤツガシラなどもよく目撃されています。

そして娘から「マミジロ」メール♪
(今年はマミジロとコルリの撮影報告が多い気がします)

暫らく辺りを探すと、水浴びに来ました。
マミジロ
015a_201805021433476e6.jpg


016a_20180502143349fbd.jpg


080a_2018050214335013a.jpg


084a_20180502143351dfe.jpg


088a_20180502143353c9e.jpg


次はまた、ギフチョウに再チャレンジのため来た道を逆戻り。

初日はヤマドリの母衣打ちが何度も聞こえたのにこの日はヤマドリ無音。
でもギフチョウは撮れました。

107a.jpg

キビタキ
108a_201805021439391a9.jpg


112a_2018050214393927c.jpg

サンショウクイ
118a_2018050219052904d.jpg


コブシ
114a_20180502143941901.jpg

ミズバショウ
116a_2018050214394397e.jpg


初日に見たオオアカゲラもいましたが撮影できず。

渋滞を予想して早めに14時10分に帰宅の途につき、家には18時10分頃着きました。





2018.04.30 |
ギフチョウ
107a.jpg




2018.04.29 |コホオアカ
今日いたらしい鳥。
シベリアアオジ、キマユホオジロ、カシラダカ、ホオアカ、コホオアカ、アオジ、ルリビタキ、オジロビタキ、コマドリ、オオルリ、 コルリ、ジョウビタキ、ノビタキ、キビタキ、カラスバト、センダイムシクイ、メボソムシクイ、ウグイス、ヒメウ、チシマウガラス、ハヤブサ、ハイタカ、コシアカツバメ、イワツバメ、ヤブサメ、メジロ、コムクドリ、ツグミ、 アカハラ、イソヒヨドリ、タイワンハクセキレイ、タヒバリ、ビンズイ、キセキレイ、ツメナガセキレイ、サンショウクイ、イスカ、キクイタダキ

航路上で
オオミズナギドリ、アカアシミズナギドリ、ウミスズメ、アカエリヒレアシシギ

図鑑に掲載されている珍鳥の撮影地は多数が舳倉島。
そんな、珍鳥の通り道舳倉島。
一昨年は船が欠航して行けませんでした。
航路の欠航率が高いので、島に泊まるのは退職して島流しになって欠航で帰れなくてもOKになってから、と、主人と話しています。
この日は無事出航しました。

まず、宿泊した輪島のホテルから見えた風景。
055_20180502053245f5f.jpg

堤防の向こうに見えるのは、舳倉との間にある七ツ島。舳倉島は輪島から見えません。
056a_20180502053247082.jpg

ホテルの駐車場横の畑にコシアカツバメがいました。
086a_20180502060134144.jpg


ニューへぐら
009.jpg

GWということで、駐車場はスペースがなく、朝市の駐車場を利用してくださいと言われました。橋を渡ってすぐの所です。
朝市の時間だけ係員がいて有料なので、舳倉島に行く人は実質無料です。
7時半に切符の販売が始まると同時に、出航の問い合わせが次々入ります。
運賃は大人一人往復4520円。4日間有効となっていますが、期限はないそうです。
「今日は船が揺れそうなので酔い止めを飲んだ方がいいです」と言っていました。
うちは用意済みでしたが、他のお客さんは薬局を探しに行きました。
船酔いを考えると朝食は控えめにしたほうがいいとの先輩方の助言です。

出航時刻は9時となっていますが、8時50分までに乗船してください、となっていて、8時55分には出航しました。
乗船は8時からできます。
ほとんどがバーダーさんですが、地元の方、釣り人もいます。
航路上の鳥を狙うなら、上のデッキの場所を確保するために、早く乗船したほうがいいようです。
晴れていれば往きも帰りも順光側は左舷です。私は島での体力温存のため、七ツ島を過ぎるまで客室に座っていました。
七ツ島を過ぎるとミズナギドリが多くなります。

出航時から上のデッキにいた主人はアカエリヒレアシシギの集団やウミスズメが撮影できたようです。
娘はアカアシミズナギドリも撮っています。
私は、往きはあまりいい写真は撮れませんでした。
下のデッキは波しぶきが飛んできます。上のデッキは潮風程度ですが、揺れは大きいです。
手すりにしがみついての撮影で、大きく揺れると空しか写らない事も・・・。

舳倉島が見えてきました。(上は満員なので下のデッキで撮影)
122a_201805020603020ee.jpg

いよいよ島に上陸です。
最初に会ったのはカワラヒワでした。
反時計回りに海岸に沿って歩いていくと民宿の前にアトリとカワラヒワ、コホオアカがいました。
コホオアカ(初)
018a_2018050206064909b.jpg

アトリとコホオアカ
026a_20180502060651adb.jpg


025a_20180502060651397.jpg

コホオアカとカワラヒワ
031a_20180502060654907.jpg


037a_20180502060655159.jpg


島中が野鳥ポイントなのですが、外周道路沿い草原は、藪から鳥がなかなか出てきません。
時々サンショウクイが島から旅立つのが見えましたが撮影できず。
宿泊して時間があればゆっくり周るのもいいですが、日帰りで時間がないときは野鳥観察舎から水場を張るのが効率的かと思います。あと、今回バーダーさんが多く、通路に出てくる鳥が少なかったようなのですが、通常は灯台から南の中央の道路沿いがいいようです。

野鳥観察舎で昼食(朝輪島のコンビニで買ったサンドイッチ)をとりながら鳥を待つ。
ウグイス、センダイムシクイがよく来ました。
センダイムシクイ
192a_20180502065244a9b.jpg

204a_20180502065246d95.jpg

ルリビタキ
227a_20180502065247f04.jpg


230a.jpg


足が水色のヒタキ、これが最初わからなくて、一緒に撮影していた人のブログでわかりました。
オジロビタキ
249a_20180502065250029.jpg


254a_20180502065252462.jpg

娘はチシマウガラス夏羽、主人はコマドリを撮影。
チシマウガラスが残念。私のカメラならもっと綺麗に撮れたのに。
携帯がつながらないのでトランシーバー持参で行動するご夫婦がいました。次回は真似しよう。

帰りの船は皆さん十分撮ったのか、疲れたのか、上のデッキが空いていたので上で七ツ島まで撮影。
壮観!!
アカエリヒレアシシギの群れ
299a_20180502071840c63.jpg

同じ画像の一部を拡大
299b.jpg


オオミズナギドリの群れ
367a.jpg

オオミズナギドリ
372a.jpg


386a_20180502071845ef4.jpg

カンムリウミスズメは見られませんでした。

船は結構揺れましたが、みなさん酔い止めを飲んでいたのか、慣れているのか、気分が悪くなった人はいませんでした。
翌日は船が欠航になりました。

船の中はほとんどがバーダーさんなので、島の情報から、日本各地の鳥の情報が飛び交い、娘いわく、
「バードウオッチングツアーに参加している気分。」
お試し舳倉島はなかなか楽しかったです。


※情報収集のためいろんな方のブログを見ていますが、今年は渡りの鳥がどこに行っても少ないとおっしゃっています。
時期がずれているのか、野鳥の数が減ったのかわかりませんが、遅れているだけでこれからどっと入るといいなあと思います。







2018.04.28 |オナガ
GW前半は2泊3日でお出かけです。
今日は石川健民海浜公園
渡りの時期はいろいろ野鳥が立ち寄ります。
今日は留鳥オナガしか撮れませんでしたが、サンショウクイやオオルリの声が聞こえました。
DSC_0055a.jpg


112a_20180501205115b1e.jpg


120a_20180501205116e7e.jpg


河北潟でコムクドリの群れ
DSC_0086a.jpg

125a_20180501205117b6d.jpg


129a_20180501205118014.jpg


チュウヒも
146a_20180501205122ab6.jpg



途中立ち寄った白川郷近くの山でニュウナイスズメが営巣のため巣材集めをしていました。

DSC_0039a.jpg



ギフチョウ

DSC_0020a.jpg


なぎさドライブウエイでチュウシャクシギの群れ
172a_2018050120512309f.jpg


明日は船が出れば舳倉島に日帰りで行ってきます。






2018.04.25 |チュウシャクシギ
山も気になるけれど風が強いと海も気になる。
とりあえず、公園裏に行って、アオジとキビタキを確認。
005a_20180425224659633.jpg


海に行く前にベルファームで野菜を買ったらイングリッシュガーデン横の広場の林からツツドリの声が聞こえました。
探したけれど見つからず。

海はコアジサシを探したけれど確認できず。
セイタカシギ 足ほんとに長い
029a_201804252247000d2.jpg

ソーラーパネルの上にチュウシャクシギ
034a_20180425224701a28.jpg

オオヨシキリも騒がしくなりました。





2018.04.24 |未分類
うちのキビタキ到着。
長旅でお疲れなのか、か細い声でさえずっています。
私「明日の朝になったら元気にさえずるね」
娘「この雨でさらに弱るかも・・・」

毎年、そのうち撮れるだろうとのんびり構えて、窓辺のキビタキを撮影したことがありません。
一昨年は繁殖に成功して娘が幼鳥を撮影しています。




2018.04.22 |ツバメチドリ
今日はお山をいっぱい歩くつもりでしたが、朝、近辺を歩いたとき関節の痛みと体のだるさを感じました。
起きた時喉も痛かったし・・・風邪かもしれない。
歩くのは諦め、車に乗ったまま田園地帯へツバメチドリを探しに行くことにしました。
昨年初めてツバチに会ったのはGW明けだったので、ちょっと早いと思いつつも、県南部には入っているようなので様子見ということで。もちろん、農作業の邪魔をしないように、人のいない田んぼです。
場所は田植えシーズン中なので大事をとって伏せておきます。

最初に見た田んぼになんと、いました。一羽だけ。
まずは動画から。鳴き声もちょっと入っています。ケリに似た声。
ケリには攻撃されて逃げ回っていましたが。



初めて撮れた飛び物から
140a_20180422213920f51.jpg


195a_20180422213921980.jpg


231a_20180422213923385.jpg


233a.jpg


304a_201804222139254e4.jpg

たたずむ
092a_20180422213928f84.jpg

左の翼をストレッチ
034a_2018042221392908c.jpg

右の翼をストレッチ
039a_20180422213930251.jpg

変顔??
083a_20180422213932fef.jpg

キリッとした顔
287a_20180422213933fb8.jpg







2018.04.21 |クロツグミ
近所の迷いサンショウクイとヤマドリも気になったけれど、今日はいつものお山へ。
中腹くらいでクロジに出会いました。ここでのクロジは初めてです。
024a_201804211930326d2.jpg

クロツグミは遠すぎ
車やランニングの人に驚いて飛ばれました
015a_20180421193034e58.jpg

オオルリ、キビタキは声だけ
まともなクロツグミが撮りたいです。





2018.04.20 |コマドリ
さえずりの聞こえる方を撮影していたら、レンズ越しに飛ぶのが見えました。
手ブレひどいけれど動画から。

くもの巣にかかり、蚊に刺され、マルハナバチにストーカーされながらの撮影です。



023a_20180420190240ad2.jpg


026a_20180420190242687.jpg


029a_201804201902424e2.jpg

最初にコマドリのさえずりを動画撮影したのが11日。ずっとここにいるのか、別の子が次々通過しているのかよくわかりません。
ここで営巣してもいいよ~~


ストーカー犯のマルハナバチ
頭上を飛んでいるのに撮るのが難しい・・・
035a_2018042019024372a.jpg
「マルハナバチ型の極小ドローン撮影機能付き」どっかの国のスパイ活動にいかがですか。
このアイデア買ってくれません?




04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム

プロフィール

ミスティ 

Author:ミスティ 
三重県在住
家族全員野鳥好き 
平日は仕事の合間に探鳥
休日は家族で探鳥
バーダーとしてもカメラの技術もまだまだひよっこです。
使用カメラ
NIKON D5500、
Canon PowerShot SX50 HS
投稿日が撮影日です。

リンク

最新記事

最新コメント

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

**************

有料アダルト動画月額アダルト動画裏DVD美人フェラポルノ動画フェラ動画美人フェラ無修正アダルト動画フェラチオ動画無修正フェラ
アクセスカウンター高画質アダルト動画無修正フェラ動画アダルト動画無修正アニメ動画海外アダルト動画
無料カウンター無修正DVDクレジットカード
無料アクセスカウンターウォーターサーバーアダルトグッズランジェリー無修正盗撮動画AV女優名教えて
ブログカウンター

RSSリンクの表示

QRコード

QR